エレ玩 Konyaの開発記録

アクセスカウンタ

zoom RSS EGP01でG&Wもどきスペシャル

<<   作成日時 : 2013/01/20 09:49   >>

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

たいへん御無沙汰しております。
諸事情により長らくお休みしておりましたが、また、ぼちぼちと更新させて頂きます。
相変わらず偏った方向の工作ではありますが、よろしくお願いします。

さて、
お久しぶり第一弾はG&Wもどきです。
以前にG&Wのマンホールやオクトパスを記事にしたことがありますが、今回は6種類のゲームで遊べるスペシャル版になっております。

完全移植とはほど遠い、もどきではございますが、
EGP01キットをお持ちの方で、G&Wを懐かしいと感じる方は是非、遊んでみてください。


メニュー画面です。
画像

左右のスティックでゲームを選択、右センターボタンでゲームを開始します。
左センターボタンで音の有、無が選択できます。

遊べるゲームは以下の6種類と、その6種のメドレーです。

 ・ヘルメット
 ・マンホール
 ・オクトパス
 ・ファイア
 ・バーミン
 ・フラッグマン


各アイコン下の赤い数字は、各ゲームのハイスコアです。
電源を切ってもハイスコアは消えません。毎日少しづつ記録更新に挑戦できます。


ヘルメットです。
画像

降ってくる工具を避けながら、作業員を左から右の建物へ移動させます。
左右のセンターボタンで作業員を左右に操作します。

オリジナルのG&Wは、ゲーム序盤の難易度が低すぎ退屈に感じます。
そこで、すぐに難易度が上がり、大量の工具が降ってくるよう調整しました。
大量の工具が降ってきますが、当たり判定は甘いので、意外に避けられると思います。

尚、特定点数到達によるミス帳消しや、100点毎の難易度低下の処理は入れていません。
これはすべてのゲーム共通です。


マンホールです。
画像

通行人をマンホールに落とさないよう、マンホールの蓋を持った人を動かします。
オリジナルは4つのボタンで操作しますが、本ゲームは左右スティックの上下を使います。

 左上のマンホールへ移動 : 左スティックの↑
 左下のマンホールへ移動 : 左スティックの↓
 右上のマンホールへ移動 : 右スティックの↑
 右下のマンホールへ移動 : 右スティックの↓

スティックで操作するため、左から右のマンホールへ移動するときなど、ついついスティックを右へ倒してしまいます。
そのうち慣れるますが、最初は混乱するかもしれません。

マンホールと同様、難易度の上昇を調整しており、私では100点を少し超えるのがやっとです。


オクトパスです。
画像

潜水夫を動かし、オオダコの足を避けながら宝をボートに持ち帰ります。
左右のセンターボタンで潜水夫を左右に操作します。

宝を取るたびに得点が加算されるため、ボートに戻らず宝を取り続けるのが高得点への早道ですが、
ボートに戻らず一定個数以上の宝を取るとプレイヤーの動きが鈍くなり、ミスし易くなります。
引き際を見極めるのが重要です。

このゲームもオリジナルよりタコ足のスピードアップが早いです。


ファイアです。
画像

ビルから飛び降りた人を救助隊員のトラポンリンで弾ませながら救急車へ運びます。
左右のセンターボタンで救助隊員を左右に操作します。

ファイアにはシルバー版とワイド版の2種類ありますが、本ゲームはシルバー版の画面を採用しつつ、得点システムはワイド版です。
ワイド版ではトランポリンで受けるたびに1点加算されますが、シルバー版では3回受けて救急車に運び、ようやく1点です。
あまりにも得点が伸びないため、ワイド版の得点システムとしました。
このゲームも難易度設定を高くしており、私は100点あたりでパニック状態です。


バーミンです。
画像

ハンマーを持った人形を動かし、頭を出したモグラを叩きます。
ハンマーは自動で振り下ろされるため、プレイヤーは人形を左右に操作するだけです。
左右のセンターボタンで人形を左右に操作します。

オリジナルのバーミンを遊んだことがないため、ネット上の資料、動画で再現してみました。
所詮モグラ叩きと思っていたのですが、なかなかの面白さです。
モグラを叩く爽快感。
次々と迫り来るモグラの緊張感。
はまってしまいました。


最後はフラッグマンです。
画像

左側に表示された数字と同じ数字の旗/足を制限時間内に上げます。
制限時間は右側の5つの■で表しており、上からひとつづつ減り、すべて無くなると時間切れでミスとなります。
違う数字の旗/足を上げても、もちろんミスです。
制限時間が徐々に短くなるため、ゲーム後半は考えている時間はありません。
まさしく反射神経ゲームです。
左右スティックの上下で操作します。

 1の旗を上げる : 左スティック↑
 2の旗を上げる : 右スティック↑
 3の足を上げる : 左スティック↓
 4の足を上げる : 右スティック↓

オリジナルには数字覚える「ゲームA」、同じ数字を出す「ゲームB」の2種類がありますが、本ゲームでは「ゲームB」のみ実装しています。
バーミンと同様に遊んだことは無かったのですが、単純なわりに面白いと思います。
初期のG&Wはシンプルで面白いゲームが多いですね。

難易度は多分、オリジナルより低いと思います。
このゲームは99点でゲーム完了になるのですが、私でも90点くらいまでは余裕です。
95点からの残り4点は見て押したのでは間に合いません。
カンです。
運が良ければ99点取れることでしょう。


メドレーは動画をアップしました。



6種類のゲームを順に下記条件でクリアします。
1週するとレベルが上がり、クリア条件が厳しくなります。

 ・ヘルメット   : 5x レベル人を右の建物に入れればクリア
 ・マンホール  : 5x レベル人を通過させればクリア
 ・オクトパス   : 5x レベル個の宝をボートに持ち帰ればクリア
 ・ファイア    : 5x レベル人を救急車まで運べばクリア
 ・バーミン    : 10x レベル匹のモグラを叩けばクリア
 ・フラッグマン : 10x レベル回、正しく旗/足を上げればクリア



ひとつのゲームを集中して遊ぶのも良いですが、次々とゲームを切り替えるメドレー形式にも良さがあります。
飽きにくいのはもちろんですが、得点だけでは無く、進んだレベルで上達を実感することができます。

また、「も〜 ダメだ〜!!」
という危機的状況になっても、クリア条件を達成するこで救われることが多々あります。
諦めずに、ネバれば何とかなるのもメドレー形式の良さです。



プロジェクトファイル一式を公開します。

 EGP01_GWMSP01.zip

 プログラムファイル一覧

  EGP01.c      : メインプログラム
  EGP01_Asm.s   : アセンブラ記述のサブルーチン集
  EGP01_Asm.h   : アセンブラ記述の外部変数/関数の定義
  EGP01_GW_HM.c : ヘルメット用プログラム 
  EGP01_GW_MH.c : マンホール用プログラム 
  EGP01_GW_OP.c : オクトパス用プログラム 
  EGP01_GW_FR.c : ファイア用プログラム 
  EGP01_GW_VM.c : バーミン用プログラム 
  EGP01_GW_FM.c : フラッグマン用プログラム  
  ChrData.inc    : 個別キャラクタ グラフィックデータ(G&W用)
  ChrDataCmn.inc : 共通キャラクタ グラフィックデータ(文字フォント等)
  SndData.inc    : 個別サウンドデータ(G&W用))
 


以上です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いやーお久しぶりです 私もあれから色々ありましてご無沙汰でしたが、またPICいじってみようかな? うーんでもプログラムすっかり忘れてる とりあえずG&Wもどきスペシャルのプログラム書き込んで遊んでみようかな? また開発環境整えてみます とりあえず、復活おめでとうですw
brain
2013/01/25 17:53
brainさん、
ありがとうございます。
私も久々すぎて、プログラムの作りを思い出すのに手間かかりました。
マメに更新できるわけではありませんが、よろしくお願いします。
Konya
2013/01/26 07:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
EGP01でG&Wもどきスペシャル エレ玩 Konyaの開発記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる