エレ玩 Konyaの開発記録

アクセスカウンタ

zoom RSS 新型ゲーム機

<<   作成日時 : 2010/01/03 22:46   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

 ブレッドボードでdsPIC33の実験をしていたのですが、いつまでもブレッドボードでは面倒です。
そこで、dsPIC33とTFT液晶モジュール(ZY-FGD1442701V1)でゲーム機を製作しました。
ついでに前回購入の4方向タクトスイッチ(センタープッシュスイッチ付)を試します。

ゲーム機はdsPIC33、PIC24Fで兼用したいため、差し替え可能な28pinDIPを使い、
4方向タクトスイッチはセンタープッシュ付きなので2個並べてG&Wもどきに活用したいところです。

しかし、LCDと4方向スイッチを2個繋ぐにはピン数が不足します。
28pin dsPIC/PIC24FのI/O数は21
必要なピン数は、以下の24

 LCD IF       :13ピン(CS/CD/RD/WR/RST/D0〜7) 
 4方向スイッチx2  :10ピン(Up,Left,Down,Right,Center x2)
 圧電スピーカ    : 1ピン



不足の3ピンを確保するため、LCD IFの下記ピンをVDDorGND固定とします。

 RD :VDD固定
 CS :GND固定
 RST:VDD固定


RDピンの固定は問題ないとして、CS、RSTピンを固定するのはLCDの初期化仕様に違反しないか不安です。
とりあえず、ブレッドボードで試して動くことは確認しましたが、基板によっては電源投入とRST解除のタイミングが変わり、動作が不安定になるかもしれません。

まぁ、いい加減な私は、これで作ちゃうわけですけどね。

そして、完成...

4方向スイッチの使い勝手を試すため、パックマンもどきを移植しました。
移植し易さから今回はPIC24Fを使用。

画像



表面にはZY-FGD1442701V1、4方向スイッチx2を実装。

画像


裏面には単5電池x2、dsPIC33/PIC24F、圧電スピーカ、ICSPコネクタ、電源スイッチを配置。

画像


では、ケースに入れましょう。
今回はタカチSW-55(55x40x20mm)を使用しました。

画像

画像



ここで問題発生です。
4方向スイッチの頭が少ししか出ず、非常に操作し難い...

画像


しかたがないので、ストロークを伸ばすため基板用の足を張付けてみました。

カッコ悪〜!!


画像


でも、とっても快適!!
動画です。音が非常に小さいのでボリュームを上げてください。



でも、ゲームに熱くなって力が入ると...

 ポロッ...

スイッチのキャップごと外れてしまいます...

画像


ん〜 どうしよう...

まぁ、dsPIC/PIC24Fの実験用にはなるので良しとしましょうか。

回路図等は次回記載の予定です。

以上

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新型ゲーム機 エレ玩 Konyaの開発記録/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる